So-net無料ブログ作成

殻を破る最後の一ツキは子にさせる。 [日記]


殻を破る最後の一ツキは子にさせる。

   

雛が卵から出ようとして中からコツコツと殻を突いています。


そのタイミングに合わせて親鳥が外からコツコツと殻を突き手助けします。


親鳥は途中で殻を突くのを止めて最後の一突きを雛にさせます。


雛は無事誕生し達成感を得て自信が付きます。


これが子育て人育てのコツだと思います^^

啐啄同時(そったくどうじ)


啐とは生まれようとする雛鳥が卵を内からつつく様子。


啄とは雛鳥の様子を察した親鳥が卵を外からつつく様子。


どちらが早くても遅くても生れ出ることはできません。


教育・指導・育成には両方のタイミングがピタリと一致することが大切という意味。
 

※青育連、人尊協、校区イベント、ボランティア、少林寺拳法大会、仕事でばたばたです^^;


 
 
お読みいただきありがとうございます^^

皆さまの幸せを心からお祈りしております。

メタボ対策-3kg達成できる7つの習慣。

http://kinyaku-0123.com/app/Blogarticleview/index/ArticleId/132


nice!(18) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。