So-net無料ブログ作成

ゴーヤに秘められた美容最強パワー [健康]

 

苦いけどスゴイ!ゴーヤに秘められた美容最強パワー      

 

古くから美容と健康に良いと言われているゴーヤ。


沖縄料理ブームの影響から広く知られるようになったゴーヤですが、


正式名は生物学ではニガウリ、農学ではツルレイシといいます。


このゴーヤが日本の食卓に取り入れられてから数十年、


なかでも早くにゴーヤを食し始めたといわれる沖縄は、言わずと知れた長寿県ですよね。


糖尿病や心臓疾患、ガンが原因の死亡率が全国の中でもトップクラスに低く、


それは沖縄ならではの食生活がいいのではないかと言われています。


特に、沖縄料理でよく使われるゴーヤは健康だけではなく、


女性の美容に嬉しい効果をもたらしてくれるので、できることなら毎日でも食べたいもの。


だけど、「苦くてニガテ」という声もよく耳にします。


そこで今回は、素晴らしいゴーヤパワーのおさらいと、


ゴーヤが苦手な人でも毎日飲めちゃうゴーヤ茶をご紹介していきたいと思います。

 

■ゴーヤの美容・健康パワー3つ


独特の苦みと高い栄養価をもつ野菜のゴーヤ。


「体に良い」というのは何となく知っているけれど、具体的な効能を知らない人は意外と多いのではないでしょうか? 


ここでは、ゴーヤの素晴らしい栄養価についておさらいしていきます。


(1)脂肪を燃焼しやすくする


ゴーヤの種には、脂肪分解に不可欠な酵素であるリパーゼの働きを、活発にするリノレン酸が含まれています。


食事制限や運動とあわせてゴーヤの種まで使ったお茶を摂取すれば、よりダイエット効果が得やすくなります。


(2)美肌作りをサポートしてくれる


ゴーヤはビタミンCの含有量が多いことで有名ですよね。


紫外線によるシミやそばかす、ニキビの予防に効果的なビタミンCは、美肌作りには欠かせない栄養素です。


しかも、ゴーヤに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいので、さまざまな料理に活用して飽きずに摂取することができるのでは?


それだけではなく、ゴーヤは清熱類といって体内の余分な熱を取り除く作用があるので、


熱がこもることでできるニキビや口内炎、便秘の解消にも効果的です。


(3)血糖値を下げてくれる


苦み成分のモモルデシチンやチャラチンは、インスリンの分泌を促進して血糖値を下げるため、糖尿病に効果的といわれています。


また、これらの苦み成分には整腸作用があり、便通を良くしてくれるので便秘に伴う肌荒れの改善も期待できます。


こんなにも美容・健康効果が高いゴーヤなのですが、毎日の食事に取り入れるのはちょっと大変ですよね? 


そんな人におススメなのが、ゴーヤ茶です。

 

■美人を作る飲み物ゴーヤ茶


忙しくて自炊をする時間がない人やゴーヤの苦みがニガテな人、手っ取り早く美を手に入れたい人におススメなのがゴーヤ茶。


美味しいゴーヤ茶を探しているという人は、一度試してみては?


これから気温もグンと高くなり、疲れが出やすい季節になります。


そんなときは、疲労回復効果があるゴーヤ茶を飲んで、美容と健康の両方を手に入れちゃいましょう!

 


http://www.biranger.jp/archives/69656


※この記事の著作権は配信元に帰属します。

------------------------------------------

 

うつむいて好い笑顔は出来ないですね。


辛い時こそ上を向くことで広さを感じ、自然に好い笑顔ができてきます♪

 

そうすれば自身にとって笑顔になることが徐々に起こってくるのです^^

 


『FEEL GOOD♪』(○ゝω・)b


-----------------------------------------


ご訪問ありがとうございます^^


40歳以上で塩分の摂り過ぎが気になったら!


金薬の原種ゴーヤー茶(送料無料・即日発送)


http://www.kinyaku-0123.com/


 


nice!(22) 
共通テーマ:健康

nice! 22

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。