So-net無料ブログ作成

糖尿病患者 熱心な運動で死亡リスク半分に…厚労省研究班(毎日新聞) [糖尿病]

 


糖尿病患者 熱心な運動で死亡リスク半分に…厚労省研究班(毎日新聞)


 
日ごろ熱心に運動している糖尿病患者は、


ほとんどしない人に比べて死亡の危険性がほぼ半分に下がることが、


厚生労働省研究班(主任研究者=曽根博仁・新潟大教授)の大規模調査で判明した。


研究班は「食事に比べ運動指導はあまり実施されていないが、


大きな効果があることが分かった」と分析している。


調査結果は欧州糖尿病学会誌(電子版)に掲載される。

 
生活習慣が原因で発症する2型糖尿病の男女1702人(40~70歳)を約8年間、追跡調査した。


運動量に応じて「多い」「少ない」「中程度」の3群に分け、脳卒中の発症、死亡などを比べた。

 
運動量が「多い」群は、時速6キロのウオーキングに換算すると1日平均1時間10分、


水泳では同30~40分程度の運動量。


「少ない」群は、仕事や日常生活の活動以外、ほとんど運動していなかった。

 
調査の結果、「多い」群の患者が脳卒中を起こす危険性は、「少ない」群の約6割、


他の病気も含め死亡する危険性は5割程度にとどまっていた。


曽根教授は「運動は血糖値や血圧を改善させるほか、


ストレス軽減効果もあるのかもしれない」と話している。【永山悦子】

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130225-00000005-mai-soci


※この記事の著作権は配信元に帰属します。

 

------------------------------------------


運動と節制は、老境になっても、何らかの若い力を維持し得る。


byキケロ 

 


何度も言っておりますが、色々と保険を選ぶのも必要でしょうが


「もしもの場合(疾患)」に備える一番重要な保険は「運動」です。


健康の仕事を10年以上やってきましたので


運動不足(大半は自己責任)で後悔している人がどれほど多いかを嫌と言うほど知っています。

 

----------------------------------------


毎朝5kmほどランニングやウォーキングをやっています。


小学校や幼稚園・保育園をコースに入れて見守り活動も兼ねています♪


不思議なものでウォーキング・ランニング中と就寝前に問題打開のヒントや


必要な言葉やネタが浮かんできます。←健康以外の素晴らしき効果です!


なので、ペンと紙はウォーキングには携帯し、寝室には常備しています。


スマホにメモするより書いた方が早いのでw


朝と就寝前は情報が整理されるゴールデンタイムですね^^


------------------------------------------


ご訪問ありがとうございます^^


メタ防犯ウォーキングでメタボ・ロコモ対策と子ども見守り活動推進!


減塩対策にカリウムが多い金薬の原種ゴーヤー茶


http://www.kinyaku-0123.com/

 

 


nice!(18) 
共通テーマ:健康

nice! 18

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。